アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
スケジュール帳

postheadericon 人事給与システムとは

人事給与システムとは、どの部署や役職の人にベース給与以外の各種手当などに勤怠管理を反映させた個々の給与を自動的に計算するというものです。
当然毎月残業は人それぞれ違いますし、昇給は年に一回かもしれませんが、昇格は同じ時期とは限らないので、会社の給与をベースに各従業員ごとに正しい給与を素早く算出するシステムのことをいいます。
人事給与システムは給与計算のミスを減らし、安定した給与の支払いを行うために必要なものといえます。
スケジュール管理がなぜ必要かというと、無駄な残業を減らすために計画的に労務を組み立てる必要があるからです。
もちろん、ベースとなる基本給に対する労働時間は必要ですが、そこに何の仕事をどのような方法でやれば何時間以内に収まるという見本がなければ実行が難しいからです。
このベースができてはじめてスケジュール管理の存在が大きな会社への貢献となるのです。

人事の縮図

postheadericon 勤怠管理の必要性

勤怠管理が、必要とされていること理由に、正当なスケジュール管理と、正当な人事評価による人事給与です。
人事給与を考えるうえで必要になることは、基本給の計算、そこによる残業代の設定、勤務予定出勤日数に対する出勤日数のカウント、入社半年以降の人には有給休暇の残日数の計算、ざっとあげただけで、これだけの仕事があるのです。
スケジュール管理は、これらの勤務に対する休暇、つまり代休や振替休日などの設定という点でも必要なのですが、同じ部署なのに、出張にある人が多く行っているのに、ある人はまったく行っていないといった会社内の全体の動きを見る必要があるのです。
スケジュール管理に関しては部署がどうこうということではないのかもしれませんが、勤怠管理という面で部署内の適正な動きや法令を順守してるのかチェックすることや、人事給与に適切に反映させなければなりません。
残業を多くしている、休日出勤をしている人には、人事給与として適正な対価を払えるように整備しなければならないのです。
そういった意味でも、勤怠管理とスケジュール管理は重要なことであると言えます。

ホワイトボードに書かれた今週のスケジュール

postheadericon 大切な役割

勤怠管理の大切な理由は、従業員の動きを把握するという意味もあります。
慶弔休暇や、特別休暇なども、管理する役割があります。
会社としての顔という意味合いもあるため、決しておろそかにしてはいけない部署であるといえますし、そういった大切な役割を勤怠管理の仕事は握っているのです。